アンモナイトや示準化石などを習得しました

化石に対して研究しました。とある適切によるって、地層の堆積した時を決めたり、また遠く離れたグランドに分布する地層の時をくらべるときに困難有効です。このように利用されるものを示準化石(常識化石) といいます。サンヨウチュウ(三葉虫)やアンモナイトは示準化石の代表的なものですが、有孔虫や発散虫という微小アニマルも個体人数が多く、世界的に大きく分布していたので地質時を細かく区分する上で重要な示準化石となっています。古生代には、フデイシというサンヨウチュウがいました。中生代は、アンモナイトというイノセラムスがいました。新生代には、ビカリアというカヘイ石がいました。現在は滅びて化石でしかわかることのできない過去のアニマルについても、相時分した時代の地層から産し、共によく似た形をもつアニマルの間ではおじいさん・子孫の人付き合い(カテゴリー)が認められ、それらの血筋図式のようなものがつくられていらっしゃる。これは、枝分かれする様相からカテゴリー樹ってよばれていらっしゃる。さんざっぱら勉強になりました。ミュゼ 2人