悪いことしたら厳禁、でもあれこれおんなじ輩だ。

今日に限った箇所じゃないのかもしれないですけど。
モデルが気違いに狙われるイベントって、一心にコレクションされますよね。
福山氏の建物に、その建物のエージェントが入り込んだイベントもそうですけど、
ほとんど終始その文ばっかりインフォメーションしてて楽しい?って中、ありません?

もちろん、けがをさせられた個人がいる場合、意外とその犯人は捕まったのか、
死者の様態は大丈夫なのか、という点は心配ではあります。
でも、犯人像をそこまで掘り下げる価値ある?と時に白熱ぶりにあきれることがあります。

ちょっと、モデルの追っかけはキモイ追っかけ氏という見方と
クリーンなまぶしい死者モデル、という図柄。それをさほど強調しなくてもいいのに、と思うのです。

出来心じゃすまされない用かもしれませんし、絶対にやっちゃいけないイベントだったりもしますが、
「どうしても追い詰めないであげてよ、犯人も個人ですし」としばらく気の毒に思うんです。

みんながみんな仲良くクリーンに生きられれば何のお話も起きないんでしょうけど。
私の個人的な感想だ。キレイモ 0円