真源泉生物やミトコンドリアなどについて実践

生物について練習をしました。生物の光合成没頭はその後も続き、間もなく海水や空気中にも酸素が豊富にあるようになりました。そういった環境の中で、それまで概して酸素を含まない生態の素材で進化してきた生物はすごく変わらざるをえませんでした。細胞の中に源を持つ最古の真源生物の化石はアメリカ合衆国、ミシガン州の約19億年代前の縞状鉄鉱年代から発見されました。これは、原核生物よりはるかに大きな頭数�pの長さのリボン状炭素材質化石で、藻類の一種とみられている。たぶん、こちらに先んじる原生代初期には真源生物の祖先が出現したのでしょう。原生代正中の海洋では、藻類が栄華しました。また多細胞生物の細胞膜を形づける高分子オーガニック合体代物(化学化石)が当時の地層から発見されている。ほとんどの真源生物は酸素を用いたブレスに関係するミトコンドリアを握り締め、ほとんどの植物は光合成に関係する葉緑カラダを携えますが、原核生物はミトコンドリアも葉緑カラダも握りしめません。相当勉強になりました。お金借りる 金利